よく聴く。よく視る。よく触る。
お知らせ

クリニック紹介

コンセプト

動物の家庭医でありたい。
坂の上の動物病院が目指す動物の家庭医とは
家庭医という言葉は、日本ではあまりなじみのない名称ですが、海外では広く認知された人の医療の専門分野のひとつです。家庭医は患者の性別、年齢、臓器、病気の種類を問わず、地域に根ざして、小さな赤ちゃんから高齢の方まで、家族ぐるみでなんでも対応します。家庭医の中には、「専門はなんですか?」と聞かれたら「あなたの専門医です」と答える方もいます。

動物たちはみんなそれぞれ違います。
同じ犬や猫でも、品種や性別、年齢によって全然違います。品種、性別、年齢が同じでも、大きな子がいれば小さな子もいます。
のんびり屋さんの子がいれば、せっかちな子もいます。
他の動物と暮らしている子がいれば、暮らしていない子もいます。他の子が大好きな子がいれば、シャイな子もいます。ごはんが大好きな子がいれば、ごはんより遊ぶのが大好きな子もいます。ぽっちゃりな子がいればスマートな子がいます。何を食べてもお腹を壊さない子がいれば、すぐにお腹を壊す子もいます。痛みを我慢する子がいれば、ちょっとのことでも痛がってしまう子がいます。みんなそれぞれ違います。一頭だって同じ子はいないです。

動物の品種、年齢、性別、既往歴だけではなく、性格や体格、体質、家庭環境、食事内容、日々の様子を把握し、飼い主さんのライフスタイルを考慮し、身近で、健康な時もそうじゃない時にも、どんなことでも困った時にはまず相談できて、あなたとあなたの動物に合った最良の獣医療を一緒に考えて共に進めていきます。
「あなたの愛しい動物にとっての専門医」、それが私たちの目指す「動物の家庭医」です。

院内の紹介

フレンドリーな院内
坂の上の動物病院は、安心なエントランスを抜けると広くて清潔な待合室があります。みなさまに安心して来ていただけるよう、待合室と診療室がわんちゃんとねこちゃんとで2つに分かれています。

現在は新型コロナウイルス感染症対策として、パーテンションで座席をひとつずつ分けています。
待合室
わんちゃんとねこちゃんの待合スペースを分けています。ねこちゃんの待合スペースにはキャリーを置く台をご用意しております。緊張してしてしまう子にはキャリーにかけて目隠しできるようにブランケットの貸し出しも行っております。

また新型コロナウイルス感染症対策として、入口と受付にアルコール消毒ができるようにしています。また座席を一つづつパーテンションで仕切っており、消毒薬も設置しています。定期的な換気と、人がいない間に次亜塩素酸水の空間噴霧をおこなっています。
受付
診察室1
主にわんちゃんを診察します。
診察室2
主にねこちゃんを診察する診察室です。 ねこちゃんが緊張しない雰囲気作りを心がけています。
診療室もねこちゃんとわんちゃんとを分けることで、神経質なねこちゃんにも安心して来ていただけるよう心がけております。

診察室2は少し薄暗く、また猫に安心感を与え、情動を落ち着かせる効果があると考えられているフェロモン製剤を使用しています。
処置室
手術室
犬入院室
猫入院室
トリミング室

充実した診療設備

当院の設備を詳しくご紹介します。
日々進化する動物医療に対して常に情報収集を行い、必要な機器や器具を取り揃えています。

スタッフ紹介

院長
藤澤 俊吾
略歴
2007年3月 日本大学 生物資源科学部卒業
2007年4月〜2017年3月 茨城県および東京都の動物病院にて勤務
2017年6月〜 坂の上の動物病院開院

iVEAT(獣医教育•先端技術研究所) 腹部超音波研修 修了
日本小動物歯科研究会認定講義・実習 レベル1・2修了

所属
日本獣医がん学会
日本獣医皮膚科学会
比較歯科学研究会
日本獣医腎泌尿器学会

一緒に暮らしている動物の体調が悪くなったり心配なことがあると、とても不安になると思います。そんな不安な気持ちを少しでも安心に変えられるように、丁寧でわかりやすい説明、適切な診断、最良の治療を提供できるように心掛けています。坂の上の動物病院に来てよかったと思われるように日々勉強し、心と腕の両方を磨いていこうと思っております。
ところで、坂の上の動物病院という名前はあるジブリ映画を見て思いつきました。気になる方はスタッフに聞いてみてくださいね。

ワンコnowaに取材していただきました!
獣医師
川上 海良
略歴
2018年日本大学生物資源科学部獣医学科卒業。
2018年4月から2020年12月まで神奈川県内の動物病院にて勤務。2021年1月より当院での勤務開始。
所属 日本獣医循環器学会

私は痛いことや辛いことが誰よりも嫌いな自信があります。
自分が苦手な分、他人にも苦しい思いはして欲しくないと考えております。
動物も人と同じ様に苦しみを感じます。そして、それは誰よりもその子を愛している飼主様の悲しみにも繋がります。
獣医師として動物に目を、飼主様に耳を傾けます。一緒に何が最善かを考えさせて下さい。
動物看護師
西川 旭
いつも笑顔をモットーに!!青森県八戸市出身の西川です!
言葉を話すことのできない動物たちの声を聞き、その子の気持ちに寄り添い愛情を持った看護を心掛けています。日々勉強し、飼い主様と同じ目線に立ち、共に喜びや苦難を乗り越えていきたいです。
相棒の黒パグ『うに』も時々出勤していますので遊びに来て下さい。
動物看護師
小杉 香葉
こんにちは!病院=怖い場所にならない環境作り、そして飼い主さんと動物たちの幸せな時間に寄り添える看護師を目指し、日々精進中です!
おうちでは柴犬と兄弟トラ猫と賑やかな日々を送っています♪
動物看護師
森脇 雪月
まだまだ動物看護師としての経験は浅く至らない点も多いと思いますが、飼い主様と動物たちの不安を少しでも取り除けるよう努力してまいります!病院が苦手な子にも安心を与えられるような接し方を心がけていきたいです。家では愛犬のM.ダックス「イブ」を飼っています!
たわいのない話でもお気軽にお声掛けいただけたら嬉しいです!
動物看護師
松居 順子
みんな違った個性を持つ動物たちのかわいさに毎日触れることができ幸せを感じています。家では黒猫のチョコに日々癒やされています。
いくつになっても教えて頂くことが沢山あり、何かと至らぬ点もございますが、丁寧な仕事を心掛け少しでも飼主様と獣医師との架け橋になれるよう実践して参ります。
トリマー
小林 恵美
定期的なお手入れは、わんちゃんの健康維持につながります。
飼い主様にとっての大切な家族であるわんちゃん一頭一頭と向き合い、無理のないやり方で、かわいく快適に過ごせるようお手伝いできればと思っています。
シャンプーやスタイルのことなどお気軽にお声かけください!